SSL証明書

SSLとは?

SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、WebブラウザとWebサーバー間で情報を暗号化して通信するためのプロトコルです。

インターネット上では、WebサーバーとWebブラウザの間で、HTTP通信が行われており、この通信はカンタンに盗聴されたり改ざんされてしまう危険性がありますので情報を暗号化し送信することにより大切な情報を安心して送信できるように開発された技術です。

SSLの利用

「個人情報の漏えい」「フィッシング詐欺」などが騒がれ、個人情報保護法施行から個人情報保護に対する責任はますます高まっています。
お客様に不安を与えずに安心してサイトを利用してもらうためのSSL証明書であるという認識が必要です。
これまでは、お客様の個人情報を入力するオーダーフォームなどに限定してSSLを利用してきましたが、GoogleのブラウザChromeは2018年7月からSSL対応をしていないサイトに対して保護されていないという警告を表示するようになりました。それ以降はほぼ全てのウェブサイトがSSL対応を余儀なくされている状況です。
ワントゥワンではサイト全体にSSLを採用しています。
また、サブロクサーバーをご利用中のユーザー全てのサイトに対して SSL証明書の発行を進めています。

SSL利用ページの特徴

SSLを利用したページでは、URLが「http://〜」 ではなく「https://〜」から始まります。
ブラウザに鍵のマークが表示されます。
今では SSLが導入されていないウェブサイトは、ブラウザ上で「危険なサイト」とされてしまいます。検索エンジンでも結果表示順位に影響を及ぼします。

ワントゥワンが提供するSSL

(有料)
1,グローバルサイン社
2,スターフィールド社

特にスターフィールド社は世界No.1の発行実績を誇ります。
いずれの証明書も多くの企業で採用されています。

(無料)
1.Let’sEncrypt
無料のSSLサーバー証明書。米国の非営利団体であるISRG(Internet Security Research Group)により運営されています。全てのWebサイトを暗号化することを目指したプロジェクトであり世界で1億枚以上(2019年6月現在)の有効な証明書を発行しています。
無料サービスのためサービス終了リスクは0ではありません。しかし発行枚数や協賛企業から考えれば今後は多くのサイトがこの証明書を使うことになると思います。
また更新作業が3ヶ月ごとに必要になりますが、ワントゥワンでは自動更新に対応しています。